第2回 恐れと不安のエッセンス

フラワーエッセンス基礎編

第2回目は「恐れと不安」についてのエッセンスをご紹介します。

誰でも生きていると感じる「恐れ」や「不安」

どんなエッセンスがあるんでしょうか?

アスペン 和名:ポプラ

漠然とした理由のない不安があるときに>

・説明のつかない不安
・不吉な予感
・将来に対する不安・心配事

★なんだかわからんけど、不安なんだよねっていう時にいいです

チェリープラム 和名:べにはすもも

コントロールできないのでは?という不安に>

・正気を失う恐れがある
・疲労や緊張で張り詰めているときに
・感情が抑えられない

★食欲がコントロールできないときとか、日常でも使えます★

レッドチェストナット 和名:ベニバナトチノキ

<家族や友人に対してひどく心配や不安を感じるときに>

・人に対する心配が過剰
・過保護
・親しい人のよくない状態を想像して心配する

★自分以外の人のどうしても目にはいって気になる行動の時もおすすめ

ミムラス 和名:みぞほうずき

<はっきりわかっている不安や恐れに>

・すぐ不安になったり恐れる傾向
・原因がわかっている不安
・引っ込み思案・内気

★ピアノの発表会前とか、受験前の不安にもいいですよ★

ロックローズ 和名:はんにち花

<はっきりわかっている物事に対する恐怖心や強い不安>

・パニック状態
・緊急事態
・ショックをうけたとき

★大きなけがとか、病気とか、交通事故とか。予防で飲むのもOK★

以上、「恐れと不安」のエッセンス5種類でした。

いかがですか?

簡単な説明ですが、同じおそれや不安でも
誰に対しての不安なのか?何に対してなのか?によって
すこーしずつ違うのです。

この微妙な感情の違いがエッセンスを選ぶコツだったりもします。

お疲れさまでした!

次回は7つのマイナスグループのうちの

「内心の不確かさと不安定」のグループについて、お伝えしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする