小さな一歩だけど道ができた

先日、かのうちは初めて「被災した経験」を語りました。

お話しする前は

かのうちなんかの話をして何になるんだ?とか

聞いてもらっても、引かれたらいやだなとか

頭のおかしい人と思われるかもしれない・とか

押しつけがましくないか?とか

誰も聞きたくないよね・とか 思っていました。

いや、ほんとにそうなんですよ(笑)

実は、北海道ではお話ししても

きっとわかってもらえないいだろうって思っていました。

自分も傷つきたくなかったんですよね。

自分なりに大変な思いをしたのは確かですから、

それにそっけない態度をとられたり、否定されたら立ち直れないって思いましたしね。

でも、いろいろきっかけがあって、

そういう気持ちを押してでもお伝えしたいと思うことが重なり、

恐る恐る話し始めたのが今年の4月。

私は被災して北海道に来ました。こういう体験をしてきました・

こう思ったんだよね・今もこう思っているよ・と。

はじめてのことにはけっこうビビりなんで怖かったですよ((+_+)) ガッチガチ(笑)

すると、共感してくれる人、応援してくれる人が集まってくれました。

大切なことだよね・みんなに伝えたいよね・と言っていただき、

ものすごくありがたいと思いました。

person-984124_640

そして今回、お話しする機会を頂きました。

お話し中は結構必死で、実はあまり覚えていません(笑)

でも、自信がわいてきました。

皆さまからいただいた感想、終わった後にかけていただいた声など、

届いている人にはきちんと届いていることがわかったから。

ありがたかったですね。

「必要な人に届けば」という言葉をよく聞きますが、

これは実際やってみてようやく腑に落ちました。

あ、届くってこういうことなんだと。

自分で勝手に「ダメだろう」って決めないで、やってみるもんですよね。

そして、自分以外の被災した方の話を聞いて、

震災を経験している人は、震災に遭遇した人の数だけ話がありました。

当たり前ですが。

ということは、自分の経験したことをなんとなく消化できずにいる方は

たくさんいるんじゃないかと今回のイベントで思ったんです。

私でさえ、震災から5年過ぎてようやく話せるようになりましたから。

お話ししなくても、誰かの経験を聞くことで思いを共有することができ、

コミュニケーションが取れたら、それはそれで貴重だよなって思ったら、

そういう方にも聞いていただきたいし、

よかったらお話ししていただきたいなって・欲が出てきました(笑)

フフフ…(´◉◞౪◟◉)

お話ししてみたい方どなたかいませんか?連絡お待ちしています(笑)

次回は来年2月11日に開催予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする