不妊治療に取り組んだてんつく39歳

子どもはすぐできる。

こう思っていた方は多かったのではないでしょうか?

てんつくはそう思っていましたよ。

でもどこかでうっすらと漠然とした心配があったのも事実。

結婚して2年、3年。。そろそろできてもいいのに

・・・でも本気で子作りしてないからなぁ。

だいじょうぶでしょ!

北海道に移住して、1年。近くの婦人科に通い、タイミングでがんばってみた。

一度も妊娠せず。

転院した。

北海道でも有名な不妊専門クリニック。

AIH(人工授精)4回。

妊娠せず。

ここで嫌になって治療を一度やめた。

1年ぶり。体外に挑戦することを決めた。

なぜなら、後悔したくなかったから。

採卵、2回の移植。

1回目:着床のみ。2回目:陰性。

てんつくは、ここで心が折れてしまった。

仕事が終わってからの通院が辛い。

薬の副作用が辛い。

何より、妊娠してなかった時のダメージが大きい。

もう治療したくない。

そんな心境になってしまいました。

こんなしんどい思いして本当に子どもが必要なのか?

もういいんじゃないの?

体もそうですが、妊娠できないという現実に精神がこたえました。

たった2回で?と思われる方もいるかもしれません。

でも、体がひとりひとり違うように、治療の事情はひとりひとり違います。

子宮も、卵巣も、ストレスの感じ方も、今の状況も。

辛さは感じているその人にしかわからないとてんつくは思います。

だから、同じ思いをしている人の心が少しでも癒されるように、

そして自分のために、

不妊をテーマに役に立つ情報をこれから載せていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする